靴2号作成中

夜の自由に使える時間が増えてきたら、やることは一つ。靴2号に着手しています。今度は外羽根プレーントゥを作ってみることにしました。

縫い方を練習しようと、あえて縫い目が目立つように茶色の革に焦げ茶の糸で縫うことにしました。裏地用の革も容易したので、今度は2重になる予定です。革は例によってハンズの端材です。吟面に折り目がついていて、いかにも安物の革という趣きですが、今の自分の腕では、その程度の革で十分だという気がしています。
底付けをどうするか、まだ決めていません。何ヶ所か既にミスをやらかしていますので、やっぱり今回もセメンテッドでいいかなぁという気になっています。