SproutCore Javascript フレームワークのクラス継承樹

SproutCore 0.9.10 の Javascript フレームワークを概観するのに便利だろうと考えて、クラス継承樹を描いてみました。PNG 版と SVG 版があります。
mix-in は継承の途中にクラスの継承であるかのように便宜的にモジュールを挟み込んで記述しています。何ヶ所かに同じモジュールが現れるのはそのためです。
SC.Object から伸びる枝のうち、1番上の行がユーティリティ関連、2行目がモデル関連、3行目がバリデータ、4行目がコントローラ、それより下がビュー関連に分類して分けておきました。
jsdoc のドキュメントとは一部異なっているのは、Javascript のコメントとコードで一致していない箇所です。図はコードの記述に従って描いています。
クリエーティブ・コモンズにしようかと思ったのですが、PNG へのメタデータの埋め込みかたを今ひとつ理解していないので、今のところ、著作権記述なしのパブリックドメインとして扱ってもらえばいいかなと思います。

2008年7月2日更新: SC.Mock と SC.Benchmark モジュールが抜けていたので追加しました。

SVG版 110kバイト (フォントに IPA モナー Pゴシックを指定しています)
PNG版 993px × 1401px 123kバイト (下の図をクリックで拡大)
https://tociyuki.sakura.ne.jp/archive/class-inherit-tree-0.9.10.png