iMac 雑感(というよりジョーク)

思い切って次世代設計になるのかと期待していたら、そうはならなかったです。iMac の名前がついているのだから、実験したらいいのに。
例えば、正面からの見た目はシネマディスプレイと変わらず、横から見ると、後ろに膨らんでいるねと。iPodiPhone の母艦になれる Apple TV と iPhone の上位版という位置付けで、「Photoshop CS2? それってなんですか? 使いたい人は MacBook ProMac Pro のようなヲタ向けの旧態依然なマシンを買ってくださいね(はぁと)」みたいな。
光学ドライブはなし。
今は Web アプリケーションでなんでもできますから、アプリケーションを光学ドライブからインストールできなくてもいいでしょうとか。
それでもアプリケーションをローカルにインストールしたい人は、インターネットを使ったネットワークインストールをご利用くださいとか。それには、アップルの認証書が必要で、発行には審査がいりますねとか。で、審査料でアップルにオゼゼが流れますねとか。審査料を低く抑えるには、アップル子会社のインターネット広告業のデスクトップバナーのアドワイズに参加したらいかがでしょうとか。
システムの再インストールはファームウェアがインターネットにアクセスしてやってくれて、P2P で一晩で自動的にやってくれますとかとか。
ブロードバンド使えない人は iMac を買わないでくださいとか。
音楽聴きたい人は iTunes ストアから買ってくださいねとか。光学ドライブFirewireUSB2.0 にも繋げてもドライバがないので動作しませんよとか。サードパーティーがドライバを配布しようとしても、アップルが認証書を決して発行しないのでインストールできませんよとか。CD から音声トラックもリッピングしたい人は、別途 Mac Pro 等をお買い上げくださいとかとか。
光学ビデオディスクを iMac で見たい人は、DRM 対策万全なスタンドアロンな専用プレーヤーをビデオ入力端子に繋ぐとワイド液晶ディスプレイをハイビジョン・モニターとして使うことはできますとか。もちろん Wii 等も繋いでプレイできますとか。
だけど、モニターモード部分の DRM は完備、耐タンパー性バツグンでデジタル映像音声コンテンツのキャプチャは絶対にできないようになっていますからとか。キャプチャできるように改造しようと筐体を開けても、爆弾破裂音の警報を鳴らしながら自壊しますとか。
いや、まあ、私は絶対に買わないと思います。こんなモン。