OpenBSD 3.9 termcap の teraterm 項を微変更

XEmacs 21.4 (OpenBSD 3.9 ports ビルド版:patch 17、amd64-unknown-openbsd3.9, Mule)を WindowsTeraTerm Pro で用いると、xemacs から抜け出したときに文字表示がリバースになるので、termcap(5) ファイルの teraterm の項に te ケーパビリティを追加してみました。
te ケーパビリティは、プログラム終了時に端末に送られるコントロール・シーケンスを表します。これに、文字表示アトリビュートをノーマルにするシーケンスをセットしてやれば、表示が正常に戻ります。
OpenBSDcurses は cap_mkdb(1) コマンドで作成した /usr/share/misc/term(cap|info).db から端末情報を取得しますので、termcap を編集してから 2 つの db を作成しました。

# cd /usr/share/misc
# mv termcap termcap.orig; cp termcap.orig termcap
# vi termcap
# perl -n -e 'print if /^teraterm/../^$/' termcap
teraterm|Tera Term Pro:\
        :km:xo@:\
        (途中略)
        :te=\E[0m:\
        :ve=\E[?25h:vi=\E[?25l:tc=klone+color:tc=vt100:
# mv termcap.db termcap.db.orig
# mv terminfo.db terminfo.db.orig
# cap_mkdb termcap
# captoinfo termcap >terminfo
# cap_mkdb -i terminfo
# rm terminfo
# chmod -w termcap termcap.db terminfo.db