毒チョコと愚者

グーグル検索結果によると該当箇所のアニメ放映がされたみたいなので、米澤穂信著「愚者のエンドロール (角川文庫)」が、アントニー・バークリー「毒入りチョコレート事件 (創元推理文庫 123-1)」遊びをしている部分をピックアップしてみます。本歌は、高橋…

ジャック・ルーボー「麗しのオルタンス」もう一つの現場の覚書

今日は11年11月11日と1が6つ並ぶ日です。6といえばクノー数。クノー数と言えば、ルーボーの「麗しのオルタンス」。という連想で、2年ぶりに本棚から引っ張りだして読んでみようとしているのですけど、その前に私的覚書を。麗しのオルタンス (創元推理文庫)作…

誕生日問題の「30人」の人数を巡るプチ書誌の旅

確率の話題の一つに「誕生日問題」があります。例えば、23 人に同じ誕生日の人が1組以上いる確率はいくつかというものです。類似の話題は、トランプでペアを手にする確率はいかほどかというのもあり、経験的にも高い確率であることが直感できるかと思います…

2010年12月に購入した印刷物リスト

アヴラム・デイヴィッドスン(著)、池央耿(訳)、「エステルハージ博士の事件簿」、河出書房新社、1975(原著)、2010(訳)、ISBN978-4-309-63001-4 川口淳一郎(著)、『小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた』、中央公論新社、2010、ISBN978-4-12-102089-5…

ウェブで見る Isle of Man Steam Railway

(注) この項では森博嗣著の短篇ミステリィ「マン島の蒸気鉄道」(1998)の核心に触れています。未読の方はご注意ください。本文だけでなく youtube のビデオとリンクしてある flickr の写真を見るだけでも、ネタばれになってしまうので要注意です。昨夜遅く、…

カトリック世界にありそうな何らかの気配

今年購入した本の中に、まったく性質が異なる小説なのに、テイストが近いと感じたものがあり、首をひねっているところです。 一方はウィリアム・トレヴァーの「女裁縫師の子供」(2007)、「アイルランド・ストーリーズ」収録。 他方はジョージ・R・R・マーテ…

2010年11月に購入した印刷物リスト

若竹七海著、「みんなのふこう」、ポプラ社、2010、ISBN978-4-591-12124-5 米澤穂信著、「折れた竜骨」、東京創元社、2010、ISBN978-4-488-01765-1 久しぶりにコメントを書いてみます。 「みんなのふこう」について 若竹先生は「ミステリーズvol.40」の書評…

2010年10月に購入した印刷物リスト

ウィリアム・トレヴァー著、栩木伸明編・訳、「アイルランド・ストーリーズ」、図書刊行会、1967(原著)、1978(原著)、1981(原著)、1986(原著)、1990(原著)、2000(原著)、2007(原著)、2010(訳)、ISBN978-4-336-05288-9 フェリクス・J・パルマ著、宮崎真紀訳、…

2010年9月に購入した印刷物リスト

畔柳昭雄著、「海水浴と日本人」、中央公論新社、2010、ISBN978-4-12-004135-8 グレッグ・ベア著、大森望/島本範之訳、「ダーウィンの子供たち 上」、ヴィレッジブックス、2003(原著)、2010(訳)、ISBN978-4-86332-275-2 グレッグ・ベア著、大森望/島本範之訳…

2010年8月に購入した印刷物リスト

角川スニーカー文庫編集部編「ザ・スニーカー100号記念アンソロジー S BLUE」、角川書店、2010、ISBN978-4-04-474813-5 (ブックオフで購入) ポール・メルコ著、金子浩訳「天空のリング」、早川書房、2008(原著)、2010(訳)、ISBN978-4-15-011771-9 若竹七海、…

2010年7月に購入した印刷物リスト

ギャヴィン・プレイスター=ピニー著、桃井緑美子訳、「「雲」のコレクターズ・ガイド」、河出書房新社、2009(原著)、2010(訳)、ISBN978-4-309-25236-0 A. N. コルモゴロフ著、坂本實訳、「確率論の基礎概念」、ちくま書房、1998(原著)、2010(訳)、ISBN978-4-…

2010年6月に購入した印刷物リスト

半藤一利著、「山県有朋」、ちくま文庫、2009、ISBN978-4-480-42666-6 ワシントン・アーヴィング著、斎藤昇訳、「ブレイスブリッジ邸」、岩波文庫、1822(原著)、2009(訳)、ISBN978-4-00-323025-1 Cami著、高野優訳、「機械探偵クリク・ロボット」、早川書房…

2010年5月に購入した印刷物リスト

Ursula K. Le Guin、"The Dispossessed"、EOS、1974、ISBN0-06-105488-7 Douglas Coupland、"JPod"、Bloomsbury、2006、ISBN978-0-74-758915-0 ヴィトルト・リプチンスキ著、春日井晶子訳、「ねじとねじ回し」、早川書房、2000(原著)、2010(訳文庫)、ISBN978…

2010年4月に購入した印刷物リスト

原克著、「アップルパイ神話の時代 アメリカモダンな主婦の誕生」、岩波書店、2009、ISBN978-4-00-022049-1 アルベール・コーエン著、紋田廣子訳、「釘食い男」、国書刊行会、2010、ISBN978-4-33-605179-0 イアン・サンソム著、玉木亨訳「蔵書まるごと消失事…

2010年3月に購入した印刷物リスト

隈研吾「反オブジェクト」、筑摩書房、2009、ISBN978-4-480-09217-5 小川一水「天冥の標II 救世軍」、早川書房、2010、ISBN978-4-15-030988-6 グレッグ・ベア著、大森望訳「スター・ウォーズ ローグ・プラネット」、ソニー・マガジンズ、2000(原著)、2000(訳…

2010年2月に購入した印刷物リスト

礒田正美、田端毅、讃岐勝、Maria G. Bartolini Bussi「曲線の事典 性質・歴史・作図法」、共立出版、2009、ISBN978-4-320-019707-2 ル・コルビュジエ著、山名善之・戸田譲訳「マルセイユのユニテ・ダビタシオン」、筑摩書房、1950(原著)、2010(訳)、ISBN978…

2010年1月に購入した印刷物リスト

ナンチャラ読書年に便乗して、購入した印刷物のリストを毎月淡々と作ってエントリの水増しをするものなり。 国土地理院「1/25000地形図:川崎」 国土地理院「1/25000地形図:荏田」 国土地理院「1/25000地形図:本牧」 国土地理院「1/25000地形図:戸塚」 国土地…

アメリカの靴のサイズ6

エラリー・クイーン著、井上勇訳「オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)」の新装版を、法月綸太郎先生の熱いあとがきに釣られて買ってしまいました。本文の話の筋とトリックは全部覚えているので、あまり期待していなかったのですが、なにぶんこの訳本を読…

涼宮ハルヒ「孤島症候群」と「エンドレスエイト」中の森ミステリィ

涼宮ハルヒの中の森ミステリィ探しで、対応関係がありそうな箇所を対照表にしてみました。涼宮ハルヒは原作ベースです。孤島症候群では、みくるを未来にみたてて、長門有希がデボラの行動をなぞっています。ことの真相を長門有希なりに伝えようとした工夫か…

キミドリエミリの由来についての仮説

谷川流先生の「涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)」収録の短篇「ミステリック・サイン」に登場する上級生の一風変わった名前「喜緑江美里」(キミドリエミリ)の由来についての仮説を。これはずっと前に思いついていたのですが、あまりに突飛なので誰にも…

今年になって買った本リスト

気がついてみたら、今年も、はや第2四半期に入ってしまっておりまして、ふと気がついてみたら今年は書籍をほとんど買っていないなと思ってリストアップしてみました。少ない! たった 10 冊か! おそらく、20 歳から 47 歳の今までで、最も本を買わなかった時…

米澤穂信「秋季限定栗きんとん事件 上下」読みました

小市民シリーズ最新刊の「秋季限定栗きんとん事件 上」の発刊が2月末。その直後から横浜駅周辺の大型書店では「春限定いちごタルト事件」と「夏限定トロピカルパフェ事件」の2冊と一緒に平積みされるようになりました。見て回った感じでは春が若干、秋の上が…

SQL本2冊

ジョー・セルコの「SQLパズル」と「プログラマのためのSQL」は第1版をずっと参照していたのですが、最近「情報の伝達の齟齬を生じさせないためには第2版にしろよ。ゴルぁ」てなことがありまして、しぶしぶ購入することにしました。えぇ、しましたとも。それ…

谷川流「涼宮ハルヒの分裂」についての韜晦メモ

「分裂」を読んでから1年以上が経ち、そろそろ印象が薄れてきたので、個人的なメモを残しておくことにしました。シャミセンの言及で始まるのは「分裂」が初めてで、意味があるのかもしれないと、これまでの巻を読み直してみました。その結果、シャミセンが起…

「RESTful Webサービス」

RESTful Webサービス作者: Leonard Richardson,Sam Ruby,山本陽平,株式会社クイープ出版社/メーカー: オライリー・ジャパン発売日: 2007/12/21メディア: 単行本購入: 25人 クリック: 842回この商品を含むブログ (168件) を見るREST 本を買ってきました。これ…

デレク・ハウス「グリニッジ・タイム」

人類はなぜ精密な時計を切望するようになったのか? 船乗りたちが洋上で経度を知るのに不可欠な道具だったからでした。 やがて、鉄道の発明により、列車のスムーズな運行のために数多くの時計を同期させる必要が生じ、そこでも標準時が不可欠になりました。現…

激辛数独2

激辛数独1を終えて続いて2にとりかかりました。1巻目に比べて日数がかかっているのは、夏場に手をつけなかったからです。気温が32度を超える日が続く中で数独なんて解いていられるかよと。たまーに夜寝る前のひとときに鉛筆片手に盤面を睨んでみたりしたので…

米澤穂信「インシテミル」

ビニ本と化した米澤穂信「インシテミル」が目に入りました。場所は横浜駅西口のダイヤモンド地下街の有隣堂のミステリ単行本の平積み棚。 そうか。内容から判断されて、この書は青少年に悪影響を与える有害図書についに指定されたのかもな。横浜市のプロ市民…

アブー・ヌワース「アラブ飲酒詩選」

アラビアンナイトに登場する実在の詩人アブー・ヌワースの詩集。朝酒と男色と酔いどれの詩集というべきか。通俗っぽさを前面に押し出しまくりの、読んでいると酒臭い息が匂ってきそうな和訳が素晴らしい出来。アラブ飲酒詩選 (岩波文庫)作者: アブーヌワース…

激辛数独1

「ポケット数独 上級篇」を解き終えて数日後に、試しに「激辛数独1」を買ってみました。日誌によると 5 月 20 日に購入しています。電車の中で移動中や休み時間にサクサクとシャーペン片手に解いていって、本日、全問解き終えました。激辛数独1作者: ニコリ…