2018-03-18から1日間の記事一覧

健全なマクロ展開 - 構文オブジェクト (その11)

syntax-case は、 シンボルに構文環境がくっついた識別子を使うことで健全性を実現します。 識別子を使って変換結果を作るのはマクロ変換子の役目で、 展開器が識別子に変換世代を区別する印を追加してくれます。 マクロ変換子が使う識別子はマクロの定義式…